媚薬のタイプについて紹介

皆さん、多くの人は媚薬を聞いたことがあると思います。媚薬のタイプはよく知らない人もいます。媚薬のタイプは『飲む・塗る・嗅ぐ』3種類にわけられます。こちらではその説明をしていきます。

飲むタイプ

飲むタイプには錠剤と液剤の2つに大きく分けられ、身体への作用の時間と飲みやすさが少し変わってきます。

錠剤

こちらはなじみのある言葉かと思います。マカなどのサプリメントもこの錠剤となります。服用後、1時間くらいで効果が表れ、液剤と比べると媚薬効果の時間も長いものですが、錠剤を飲むということで、相手に飲んでもらう難易度は比較的高いです。

液剤(リキッド)

おすすめしています。文字通り液体なので相手に飲んでもらう難易度は低めです。効果も錠剤と比べ早い段階で現れます。大体30分くらいでしょうか?効果時間は錠剤より短めになりますが、それまでに勝負を決めてしまえば突然断られることはないので安心してください。

原液で飲むと味が少ししますが、飲み物に混ぜてしまえば気になるほどではありません。

個人的には、書かれている使用容量より多めにしないと効果が薄い気がしますので、少し思い切って入れることをおすすめしたいです。

塗るタイプ

こちらはクリームになっているものがほとんどです。性器や敏感な場所に塗って感度を増すという感じに使います。

塗ってすぐに効果が表れます。刺激が増すということになりますので、もしかしたら苦手な人もいるかもしれませんし、直接敏感な場所に塗るという性質上、肌に合わなかったりするとなかなか悲惨なことになってしまうので、個人的にはあまりおすすめしていないです。ただ、効果があると面白いほどスムーズに事が進みます。(挿入がしやすいなど)

嗅ぐタイプ

香水のように使うことになります。独特の臭いとかではないので相手に嫌悪感を与えることはまずありません。安心感を与える媚薬を自分の身体に吹きかけることにより相手に安心感を与えます。使いやすさは抜群で、これでしたら相手に気づかれる可能性も容器が見つかりさえしなければゼロです。

媚薬はどんな種類がありますか

今、媚薬の薬は市販で様々が流行しています。媚薬を発行している通販サイトはネットでたくさんあります。絶對高潮のような飲む媚薬、以外、香水媚薬、塗る媚薬様々な媚薬があります。これから媚薬を正しく理解しましょう。

媚薬は使い方によって3つに分類されています。これからこの3つの分類を紹介いたします。

香水媚薬は動物や昆虫では雌が雄を誘引し、発散したフェロモンという成分で作られた媚薬です。フェロモンとは、生物が仲間を引き寄せたり、メスやオスとコミュニケーションを取るため に発散する化学物質のこと。いい香りがするとそっちへ近づきたくなります。

飲む媚薬は行為の直前(30分~60分前)に服用するものが多いです。中枢神経への刺激により、血行を促進し、女性の性的興奮を促し、分泌物が多くなって、感度も上がります。分泌物が少ない、不感症などを改善します。

飲む媚薬には、錠剤、カプセル、パウダー、液体があります。錠剤、カプセル媚薬の場合はセックスの前(5分~30分)前にお水またはぬるま湯で服用するものが多いです。それに対して、パウダー、液体媚薬は行為の前、飲料あるいは酒に溶かして服用します。液体は最も体への吸収が早く、一瞬にして女性の思考をセックスへと導くことができます。つまり、相手の性欲を根源から引き出し、セックスに狂わせることができるということです。

媚薬の成分について

媚薬とは、女の性欲を向上させたり、感度を上げたりという媚薬効果がある薬のことを言います。媚 薬というと、一般的には女性向けのイメージがありますが、実には、女性用だけではなく、男性が媚薬を使うこともあります。媚薬は古代に「淫薬」と呼ばれ、 現代に「精力剤」あるいは「催淫薬」と称されます。本サイトでは、女性用の媚薬に関して主にご紹介します。媚薬の作用方式について、大きく分けると、2種 類があります。一つは性欲を呼び起こすため人の精神に作用します。もう一つは直接に人の肉体に作用し、性欲が発生できます。その作用原理を簡単に言うと、 媚薬で性器官の血流からホルモン分泌を高め、セックス快感を増え、性欲を呼び起こします。そのようなプロセスで性欲を高めることができます。

媚薬を購入するとき、まずは媚薬成分説明書をよく読んでおくことはいいと思います。素材などを確認したあと、安心して利用できるではないでしょうか。本サイトでは媚薬に使用される主な媚薬の成分についてまとめてみました。媚薬の中身はいったいなんですか、一度ご覧になって下さい。

朝鮮人参
高麗人蔘とも呼ばれますが、正式名称はオタネニンジンです。有効成分であるジンセノサイドは滋養強壮に効能があります。精力増強や勃起機能改善や女性への催淫効果もあるので、媚薬としても用いられています。

L-アルギニン
天然として存在するアミノ酸の一種です。成長ホルモンの分泌を促進します。また、疲労回復や血行を良くする働きもあり、別名スーパーアミノ酸とも呼ばれます。L-アルギニンはナッツ類、豆類、肉類、魚介類、乳製品などに多く含まれます。

紅花(ベニバナ)
この紅花を乾燥させた漢方薬があり、体を温めて血行を良くする効果があります。また、冷え性、月経不順、月経痛、産後の腹痛、更年期障害などにも良いとされています。サフランと似たような媚薬効果がありますが、安価で購入できるので紅花の方が効率的と言えます。

エゾウコギ
ハーブとして中国では2000年の歴史があり、サプリメントとしても人気があります。エゾウコギは朝鮮人参の仲間であるとされ、効果もよく似ています。朝鮮人参に比べると興奮性が低いので、朝鮮人参は刺激が強すぎて体に合わないという人でも安心して使える媚薬成分です。