媚薬のタイプについて紹介

皆さん、多くの人は媚薬を聞いたことがあると思います。媚薬のタイプはよく知らない人もいます。媚薬のタイプは『飲む・塗る・嗅ぐ』3種類にわけられます。こちらではその説明をしていきます。

飲むタイプ

飲むタイプには錠剤と液剤の2つに大きく分けられ、身体への作用の時間と飲みやすさが少し変わってきます。

錠剤

こちらはなじみのある言葉かと思います。マカなどのサプリメントもこの錠剤となります。服用後、1時間くらいで効果が表れ、液剤と比べると媚薬効果の時間も長いものですが、錠剤を飲むということで、相手に飲んでもらう難易度は比較的高いです。

液剤(リキッド)

おすすめしています。文字通り液体なので相手に飲んでもらう難易度は低めです。効果も錠剤と比べ早い段階で現れます。大体30分くらいでしょうか?効果時間は錠剤より短めになりますが、それまでに勝負を決めてしまえば突然断られることはないので安心してください。

原液で飲むと味が少ししますが、飲み物に混ぜてしまえば気になるほどではありません。

個人的には、書かれている使用容量より多めにしないと効果が薄い気がしますので、少し思い切って入れることをおすすめしたいです。

塗るタイプ

こちらはクリームになっているものがほとんどです。性器や敏感な場所に塗って感度を増すという感じに使います。

塗ってすぐに効果が表れます。刺激が増すということになりますので、もしかしたら苦手な人もいるかもしれませんし、直接敏感な場所に塗るという性質上、肌に合わなかったりするとなかなか悲惨なことになってしまうので、個人的にはあまりおすすめしていないです。ただ、効果があると面白いほどスムーズに事が進みます。(挿入がしやすいなど)

嗅ぐタイプ

香水のように使うことになります。独特の臭いとかではないので相手に嫌悪感を与えることはまずありません。安心感を与える媚薬を自分の身体に吹きかけることにより相手に安心感を与えます。使いやすさは抜群で、これでしたら相手に気づかれる可能性も容器が見つかりさえしなければゼロです。