媚薬の成分について

媚薬とは、女の性欲を向上させたり、感度を上げたりという媚薬効果がある薬のことを言います。媚 薬というと、一般的には女性向けのイメージがありますが、実には、女性用だけではなく、男性が媚薬を使うこともあります。媚薬は古代に「淫薬」と呼ばれ、 現代に「精力剤」あるいは「催淫薬」と称されます。本サイトでは、女性用の媚薬に関して主にご紹介します。媚薬の作用方式について、大きく分けると、2種 類があります。一つは性欲を呼び起こすため人の精神に作用します。もう一つは直接に人の肉体に作用し、性欲が発生できます。その作用原理を簡単に言うと、 媚薬で性器官の血流からホルモン分泌を高め、セックス快感を増え、性欲を呼び起こします。そのようなプロセスで性欲を高めることができます。

媚薬を購入するとき、まずは媚薬成分説明書をよく読んでおくことはいいと思います。素材などを確認したあと、安心して利用できるではないでしょうか。本サイトでは媚薬に使用される主な媚薬の成分についてまとめてみました。媚薬の中身はいったいなんですか、一度ご覧になって下さい。

朝鮮人参
高麗人蔘とも呼ばれますが、正式名称はオタネニンジンです。有効成分であるジンセノサイドは滋養強壮に効能があります。精力増強や勃起機能改善や女性への催淫効果もあるので、媚薬としても用いられています。

L-アルギニン
天然として存在するアミノ酸の一種です。成長ホルモンの分泌を促進します。また、疲労回復や血行を良くする働きもあり、別名スーパーアミノ酸とも呼ばれます。L-アルギニンはナッツ類、豆類、肉類、魚介類、乳製品などに多く含まれます。

紅花(ベニバナ)
この紅花を乾燥させた漢方薬があり、体を温めて血行を良くする効果があります。また、冷え性、月経不順、月経痛、産後の腹痛、更年期障害などにも良いとされています。サフランと似たような媚薬効果がありますが、安価で購入できるので紅花の方が効率的と言えます。

エゾウコギ
ハーブとして中国では2000年の歴史があり、サプリメントとしても人気があります。エゾウコギは朝鮮人参の仲間であるとされ、効果もよく似ています。朝鮮人参に比べると興奮性が低いので、朝鮮人参は刺激が強すぎて体に合わないという人でも安心して使える媚薬成分です。